今回は、ミャンマーの最大都市ヤンゴンの郊外にあるスラム街を訪れた。
訪問先のご家庭で話を聞いていたとき、驚きの光景を目の当たりにした。

バイクのエンジン音が家に近づいてきて、それを聞いた少女は言った。
「学校いってきます。」
少女は家の前に到着したバイクの、運転手の後ろに座った。

私「え!?バイクで登校するの?」
お父さん「そうだよ。運転手を雇ってて送迎してもらってるんだ。」

日本人にとって、贅沢なイメージの送迎。
スラム街の小さな家に住むこの家庭は、実は裕福なのだろうか。
その真相に迫りたい。

訪問したお宅の家族構成と両親の職業

今回訪問させていただいた家庭は、お父さん、お母さん、13歳の長女と2歳の次女の4人家族である。

左から、どっしり構えるお母さん、愛らしい次女、笑顔が素敵なお父さん (長女には登校直前だけ会うことができた)

お父さんは、客の依頼に応じて、自転車で物を運ぶという個人の運送業を仕事にしている。
市場で仕入れを終えた、大きな荷物を持つ人たちによく利用されるサービスだ。
深夜2時から朝8時にかけて働き、家に帰って、家畜の世話をした後、初めて布団に入ることができるという。
「朝食は午前3時、昼食午前9時、夕食は深夜12時」と笑いながら言うお父さん。
家族を支えるため、忙しい毎日を送っている。

お母さんは、自宅の玄関先で野菜を販売している。
2歳の次女の世話もするため、簡単に家から離れることができない。
そこで家にいながら商売ができる八百屋を始めたそうだ。

色とりどりの野菜が売られている。(ミャンマーではマイクロファイナンスから仕入れ資金を借り、自宅の軒先で商売を始める女性が多い。)

長女は公立中学校に通う13歳。送迎を利用しているのが彼女だ。
英語を学ぶことが好きで、将来は医者になることが夢である。
(ミャンマーでは、将来の夢は医者という子どもが多い。詳しくはコチラ

次女は2歳。
5歳から、小学校と同じ敷地にある幼稚園に通い、同じような送迎を利用する予定だそうだ。
(ミャンマーでは、5歳から就学前教育として1年間、幼稚園に通う。それは0年生という扱いで、小学校と同じ敷地にあることが多い。詳しいミャンマーの進級制度についてはコチラ

余裕のない家計と高い送迎費

この家庭は決して裕福なわけではない。
「貯金をする余裕はない」「生計を立てるのでやっと」とお父さん。

自転車での運送業は一般的に高収入な仕事ではなく、季節や気候によって利用数が変動することもあり、特に雨季には収入が減ってしまうためだ。

また、お母さんは亡くなった元夫との間に、成人した5人の子どもを持つ。
彼らは親元を離れて暮らしているが、金銭的な援助を必要とする時もよくあるそうだ。
「少し無理してでも、余裕がある月は援助してあげたい。」とお母さんは言う。

子どもたちについて語るお母さん

しかし、登校の送迎費用は決して安くはなく、月額35,000チャット(約3,500円)。
これは、日本の公立高校に通う生徒の通学費と大差はない。(1)

生計を立てるのがやっとで貯金をする余裕がないなら、送迎をやめればいいのにと思うかもしれない。
しかし、送迎を利用しなければならない理由がそこにはあった。

送迎を利用する理由とは。

その理由は、大きく3つある。

① 最寄りの中学校が遠い
彼女は、徒歩で約40分の距離(約3.5km)にある学校に通っている。
毎日の徒歩での通学は難しい。
そして、通学路にバスなどの公共交通機関は走っていない。

② 通学路の治安が良くない
自転車通学はだめなの?と聞いてみたが、通学路は日雇い労働者の多い地域で治安があまり良くないらしい。
両親は、娘がその地域を通ることをとても心配していた。

③ 両親に時間の余裕がない
「送迎を使わず、自転車でいっしょに登校できれば一番いいのだけど」と両親。
しかし両親ともに働いているため、毎日送り迎えするのは難しい。

貧しくても、送迎を利用せざるを得ない状況がそこにはあった。

まとめ

両親は「学校が近くにあったら、娘も楽に通学できるし、私たちの生活も楽になるのに…」と言っていた。
だが、送迎費を払ってでも子どもに教育を受けさせたいと思う両親に、とても感銘を受けた。

その支出は、彼らの明るい未来への投資となるにちがいない。

 

話し手
ビジネス:八百屋
世帯人数:4人 [夫(運送業)・長女(中学生)・次女(2歳)]

<参考文献>
(1)総務省統計局 学校種別の学習費
日本の公立高校に通う生徒の、月額の平均
通学費は4,525円ほど。計算方法は以下。
   4,525円(月額の平均通学費)=45,253円(年間の平均通学費)÷10ヶ月(登校日数)

取材協力:Socio Lite Foundation